忍者ブログ

新 勝手にコム論

元宝塚歌劇団雪組トップスター朝海ひかるさん!舞台道を走り続ける朝海さんのちょっぴり昔の記録です^^

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蜘蛛女の舞台化とは・・・

『蜘蛛女のキス』~論者なり組立~

読み終わりました。終わりましたが・・・
ホントに大人の小説といった感じで、
内容もそうですが、登場人物の微妙な心の変化、
脱線していく話、現実と物語が入り乱れるクダリ・・・
ゆっくり真剣に読まないと楽しめない小説でした・・・。
こんなにも真剣に読んだのもすごく久しぶりかもしれません。
これも朝海さんが演ればこそですッッ!!
朝海さんが演ることがなければ絶対に
手にとることもなかったであろう小説です(きっぱり)


『コム論』に来られる方々の中にも
もう既に読まれた方が数名いらっしゃるようです。
みなさん勉強熱心。

論者なりにちょっと話をまとめてみます(ホントに大雑把)
場所はアルゼンチン・ブエノスアイレスの刑務所。
2人の男が1つの房に収容されています。

1人の名はモリーナ(石井一孝さん)、37歳
未成年者への猥褻罪により懲役8年を宣告。
病気の母親(初風さん)のことを心配するホモセクシュアル。
恩赦を受けるべく同室のテロリストの尻尾を掴む任務に就く。

もう一方の名はバレンティン(浦井健治さん)、26歳
母国の植民地支配を憎むテロリスト。
連邦警察により検挙、国家行政権下におかれ裁判を待つ。
同室者モリーナに少しずつ心を開いていく。
孤独な夜には昔の恋人マルタ(朝澄けいさん)を想う。


石井モリーナと浦井バレンティンの語り合いで話は進んでいきます。
ほとんどが石井モリーナの話す映画の話で、
計6作品もの映画を浦井バレンティンに話します。
その間に両者に微妙な心の変化が生まれ、
だんだんと2人の素性も明らかになっていくといった物語。


えッ?
朝海さんはどこぞ?
そうそうそう!!そこ!それが肝心(芝居がかってんな)

朝海さんが演じる「蜘蛛女」は実のところ
モリーナの語る映画にも、実際にも出てきません。
「蜘蛛女」の文字が出てくるのは小説の終盤。

「あんたは蜘蛛女さ、男を糸で絡め取る」

浦井バレンティンが石井モリーナをこう表します。


朝海さんはまぁ・・・確実に石井モリーナの語る映画のヒロインを
演じるのだろうな・・・と。


その6作品(勝手に論者が名付けちゃいますね)
1. 黒豹女イレーナ
2. フランス女優レニとドイツ人将校
3. 心優しき醜いメイド
4. 御曹司とゲリラ
5. 大農園のゾンビ伝説
6. 花形女優と新聞記者の悲恋

名付けるって程じゃないですね・・・(汗)
今度の舞台で全てを舞台化するのかどうかは
全く分からないのですが、
個人的には1,2,6は絶対に入れ込んで欲しいです(拳)

黒豹女といい、フランス女優といい、花形女優といい・・・
もうこれは朝海ひかるさんです!!
「小雨」のときみたいな絶世の美女で演ってください(懇願)


石井モリーナが語る風景描写や人物描写がとっても丁寧で
これが舞台化するのだなぁ・・・と思うとかなりの期待度です。

っていうか朝海さんがさ・・・完全女ってのがさ・・・
男役・朝海ひかるの女役が大好きだった論者にとっては
とてつもなく涎ものぉ(やっぱりそこ)

1つ1つの映画についてはまた書きます^^(出来るのだろうか・・・?)


拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

蜘蛛女

論者様。
さすがの解説と着眼点です。早速私も読みます。

本日トークショーに乗り込みました。
蜘蛛女のスチールが大画面に映しだされ、
唇はぽってり真っ赤でした。

そして我が姫はほっぺも戻ってたけど尻も丸みがでてました。
むふっ、やはり動くたびに凝視です。
どうぞ、妄想ネタにして頂ければ幸いっす!
  • コムのむふっ さん |
  • 2007/03/25 (23:25) |
  • Edit |
  • 返信

コム蜘蛛

論者様こんばんは。
蜘蛛女のキス・・・なかなか私には読みにくそうな小説ですが、コムさんを見るためなら挑戦してみようかなと思います。
私もコムのむふっ様と同じく、トークショーにはるばる兵庫から行ってきましたよー。 人間らしくなってらして安心しました。相変わらず綺麗ですが、笑ったお顔が、昔のふにゃっとしたお顔ですごく可愛かったです。
久しぶりに見て、やっぱり朝海ひかるさんが大好き!!って実感しました。
  • kimu さん |
  • 2007/03/26 (21:11) |
  • Edit |
  • 返信

トークソー

コムのむふっ様。

お久しぶりです^^
乗り込まれたんですねぇッ!!
ちょっとぉぉぉッ
ぽってり唇とか、丸い御尻とかぁぁッッ
羨ましすぎるッッ
蜘蛛女のスチールなんてあるんですね!
もっと間際になると巷にも登場するんでしょうかね?
それを楽しみに暫くは
コムのむふっ様から頂戴しましたネタで
妄想にふけりたいと思われます(危)
いただきます^^


kimu様
たぶん取り寄せになると思いますよぉぉ!
あの本は無いッ
プイグって誰ですの?って感じですもんね!
集英社文庫『蜘蛛女のキス』で検索してもらうと
すぐに出てくるかと思います^^
頑張って完読なさってくださいませね!

そしてそしてkimu様も東京へとな・・・?
私よりも遠い兵庫の地から・・・。
ふにゃっとした笑顔・・・・(震)
想像できます!
あれですよね!
まだ責任感のかけらも感じられない頃の朝海さん(言い方が失礼)
トップの重責を経験したあと、
解放された朝海さん・・・。
可愛いでそうねぇぇっ^^
あ~・・・・
またまた勝手に妄想。
ご報告ありがとうございました!!
  • 論者 さん |
  • 2007/03/27 (15:18) |
  • Edit |
  • 返信

無題

論者様こんばんは。

そうなんですよねー。
『蜘蛛女』は最後の最後にしか出てこない!
お話とってもわかりやすくまとめて下さり、ありがとうございます。
そうだった、語られた映画はこんな内容だったと一目で思い出しました(一度しか読んでないもので…爆)
ところで原作の小説ですが、本屋には置いてないかもしれませんが、図書館では簡単に手に入るかもしれませんよ。
うちの近くの図書館には普通にありました。
“南米文学”というくくりだったと思います。

しかし、皆様トークショーなんかに行かれて、なんと羨ましい…。
まあるいほっぺとお尻のコムさんを私も妄想したいと思います(笑)

南米文学

tomekiti様
図書館にありそうですよね!そう言えば。
いかにも市民図書館とか大学図書館にありそうな感じです^^;

現実の話と、映画の話がごっちゃごちゃに
出てくるので、タイトルだけで思い返すと
「あれ?この人・・・最後どうなったっけ・・・?」と
全く覚えていなかったりします。
南米文学おそるべしです・・・。そういう問題じゃないですね。

まあるいホッペとお尻・・・。
2000年前半の朝海さんもそうでしたよねぇ(懐)
  • 論者 さん |
  • 2007/04/01 (17:24) |
  • Edit |
  • 返信

TRACKBACK

TrackbackURL

  

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
論者
性別:
女性
趣味:
朝海さんを影から応援すること
自己紹介:
私の毎日は朝海さん一色!!そんな約4年間の記録です。

最新トラックバック

カウンター

ブログ内検索

Copyright ©  -- 新 勝手にコム論 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]