忍者ブログ

新 勝手にコム論

元宝塚歌劇団雪組トップスター朝海ひかるさん!舞台道を走り続ける朝海さんのちょっぴり昔の記録です^^

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トライアンフ オブ コム ②

それでは第2幕に突入~♪



●コムちゃん落ち込む・・・落ち込む・・・
そんな姫のところにカトリーヌちゃん、右近さん、tekkanさんが
やってきて、励まし励まし、任せておけ!!と歌います♪

最後には姫も元気よく、2人の男性に横倒しに運ばれていきました!!
『The Wander Three』のときの♪ピーナッツ♪の歌みたな感じ^^

姫には気を使ってか、ちゃ~んと男性陣たちは
コムちゃんのバスト付近には手を触れず、
運んでくれましたよぉぉぉ~(*´∀`*)

(1幕ではカトリーヌちゃんがグワっと捕まれてたからね(汗))




●アージスと姫の恋を応援する3人は
アージスのところで一芝居をうってくれて^^

セシルを愛している!!」とついに大きな声で言わせることに成功しました!!

そのときの武田くんがね、何とも中学男子のようなピュワワさで。
可愛いったらないの!!
昨日、「めちゃイケ」で武田くんを見かけて、
思わずキュルリィィとしちゃうくらいの、鷲摑みよ!!




●杜さんLOVEフォーシオン
フォーシオンと結婚する気満々の杜さん!
まるで乙女です(*´∀`*)

そんな杜さんの乙女な姿に自分を重ねる姫・・・。

アージスに対する気持ちは、
今の杜さんがフォーシオンに抱く気持ちと同じもの!!
そこに気づいた姫が自問します。
私は何をしたの・・・?」と。


どうにも止められなくなった事態。
悩むコムちゃん・・・・。
『SAY IT AGAIN』でも同じような事態になっていましたね~(懐)


「途中から・・・すごく嫌な気分になったよ・・。
勘弁してくれ・・・・・。」


ヴィンスがそう謝っていましたよね。
あの頃のコム少年、可愛かったなぁぁ(脱線)


そんな感じで姫も悩むんです。
コメディーなのに、何だか切なくなってきちゃったもぉぉぉん(>_<)




●藤木さんLOVEアルファジー
藤木さんも結婚する気満々なんです(笑)


純潔のまま君のもとへ行く!!」と高らかに宣言!!


「ジュンケツッッ!!!」とびびりまくりのコムちゃんが
また面白くって、可愛くって・・・


植木に助けを求めて「Oh!! My Got!!」と。


2人いっしょに花開くのねぇぇぇぇ~~」との
コムちゃんの言い様がまた何ともエロスでした。



そしてまたまた続く、コムちゃんの自問。
目的のためにやっただけ。
ほんの少しからかっただけ。
騙すつもりはなかった。

アージスが全てだった・・・。


文字で書いていると、どんどん姫が可哀想になってきますね。
ホントに可哀想なのは秘密の園の3人なんですけども。




●アージスLOVEセシル
ピュワワな王子はそれでもセシルを許すんです(涙)
あくまで今の段階ではセシルとしてですがッッ

もう1度愛を確かめ合うアージスとセシル!!
セシルの心も本物です。
アージスの心も本物!!


姫は1人、まだまだ悩みます。
嘘を2度もついてしまったことを。
友のフリ・・・恋人のフリ・・・裏切ってしまった。

私はレオニード!!
あなたのためなら王冠だって捨てる!!」と
大きな声で、歌い上げますよ!!コムちゃんが!!


スカーレットがタラを守るときみたいな感じですね、うん。


必死よ、姫は。
本物の愛のため!


必死よ、コムちゃんは。
我々に歌で気持ちを伝えるため!高いキーも頑張りますよ!
必死よ、コムちゃん。
伝わったっす。頑張れば伝わりまっす。
(これくらいにしておこう・・・)





●本当によく出来たお話よ。

アージスは「フォーシオン=セシル」と考え、

藤木さんは「フォーシオン=アスファジー」と信じ、

杜さんは「フォーシオン=男」として疑わず、

我々は「フォーシオン=憎き敵・レオニード姫」と知っている。


でも物語はラストへと進み、
とうとう3人はフォーシオンが皆を騙していたことを知ってしまいます!
全てが繋がってしまった3人!!

それぞれが本気だったからこそ、
何となくコメディーといって笑い飛ばせない域にまで
入りこんでしまいましたぁ(>_<)


ペテンに賭けた訳の釈明を~~!!っと杜さんと藤木さんははけ・・・




●アージスの傷ついた心・・・
でも諦めきれないセシルへの恋。

アージスの前に現れた姫に、問います。


誰が君と結婚できる?

一体、世間では何て呼ばれてる?

問いかけが、ザ・中学生日記です・・・・。

もう、ホントに波にもまれていないツルツルの少年です。





●必死の姫はアージスに告げます。
あなたのために、みんなを裏切ったと。

あなたの愛が欲しくて、みんなを騙したのだと!!



そして遂に、レオニードであることも告げちゃいます!!
1人で自問していたときと、同じく、
悩んで、切なくって、でも強い表情で!!


駆けつけた杜さんも、藤木さんもおったまげですよッ!!


アージスは剣でレオニード姫の心臓を一突きにしようと心を奮いたたします。

姫も「あなたにならば・・・」と覚悟をきめます。


アージスからしてみれば、
子供のころから、王座を奪った憎き敵だと教えられてきた
その相手が今、目の前にいるんです!!

しかもみんなを騙し、コヤツが何がしたいのかよく分からない状況です!!



でも・・・・それでも・・・・




アージスには出来ません(涙)



どうすれば君を憎むことが出来るだろうか・・・




論者、かなり涙腺にグッときました、ここ!!
アージスの気持ちがスルリと心に入り込んできましてね(涙)



論者はコムちゃんに夢中で見逃していたんですが、
どうやらこのシーンの武田くん、泣いていたそうです。
それを知ってたら私も会場で泣いたのにぃぃぃ。


コム姫はペタンとあひる座りをして、王子をずっと見つめます。
その座りっぷりが、少女でした・・・。



お互いに「あなたしかいない」と歌い上げ、
敵と敵が結ばれる愛の勝利!!!ということで、
軽妙な音楽と共に、
コム姫とアージス王子は見事に生チュゥを披露して下さって、
仲良く馬車に乗って行かれました~~~(*´∀`*)



あのチュウはもっと長くっても良いと思う(・ ・)


武田!!!そこもっと頑張れよ!!!っと
そこだけは譲れない私です。


お稽古のときも、ドンと構える姫に
遠慮気味な武田王子だったのかしら・・・??
どうなのよ?そこどうなのよ?
そこんとこ教えて欲しかったよなぁ(完全オッサンよ)



最後の最後に
「もしかしたら結婚式で出会いがあるかも~」との
杜さんの完全オチに大拍手でした!!!

杜さんのこの台詞で、切なさも吹っ飛びました。





いやぁ~!!かなり楽しかったですねぇ。

『蜘蛛女のキス』が最高嵌り役だと思っていたんですが、
これまたレオニードも良かったですわぁぁぁ(*´∀`*)


むしろ、もう1回再演して下さるならば、『愛の勝利』に一票したいかも!!
それほどに、楽しかったし、心が晴れましたし(病んどんか?)


重いお話もいいけど、やっぱりハッピーエンドが好きだ~~~!!!




『カルメン』は東京のみということで、
どうにも行けそうにありませんし、
『エリザベート』までコムちゃんはお預けだなぁぁ・・・。


『エリザベート』・・・。
コムちゃんのシシィ、可愛いのは間違いない!!

う・・・・ッ


この続きは観劇してからで(・・;)


筋を追うだけみたいになってしまいましたが、
『トライアンフ』の感想、以上でございますぅぅ。


姫役のコムちゃんがこんなにも自由に舞台に息づくなんて、
ヅカ時代に娘役になっていても、かなり代表作が出来たかも・・・
な~んて思ってもみちゃいます。

きっとそれでも可愛い可愛い、言われたでしょうが、
男役のトップコムちゃんが見れないのは嫌だし・・・。

娘役さんはいろいろと言われるし・・・
(おめぇが言ってんだろってヤツでして・・・)


「もし」とか「たら」とかは言い出したら切りがないですねぇ。





女優のコムちゃんの活躍っぷり、
論者はこれでも愛を込めて応援しているんですよ、ホント!!

愛がなければ、1人のスターさんをここまで書けませんもの!
褒めるよりも、疑問を呈する方が研究時間はかかると思うんです。

そこだけは、分かって頂けたらな~と、小さく願いつつ、
これからも、このような表現方法で行きたいと思います(・∀・)
(懲りないなぁ~、でもホントなんですよッ)


拍手[0回]

PR

TRACKBACK

TrackbackURL

  

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
論者
性別:
女性
趣味:
朝海さんを影から応援すること
自己紹介:
私の毎日は朝海さん一色!!そんな約4年間の記録です。

最新トラックバック

カウンター

ブログ内検索

Copyright ©  -- 新 勝手にコム論 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]