忍者ブログ

新 勝手にコム論

元宝塚歌劇団雪組トップスター朝海ひかるさん!舞台道を走り続ける朝海さんのちょっぴり昔の記録です^^

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アデュー・春野さん


朝海さんの同期生として、
下級生を共に花組で過ごし、
朝海さんと同時期にトップさんになり、
朝海さんのサヨナラを大劇場、東京と見守ってくれた・・・

春野寿美礼さん。


彼女のタカラヅカ生活最後の公演をやっぱり観ておこうと、
28日に大劇場まで行って参りました。


去年の今頃、
朝海さんのサヨナラ公演を何度となく見にいった。
同じ季節、同じ場所だというのに、
何だかとっても穏やかなる雰囲気に包まれていました。

それは論者の心次第といった感じなのですが。


春野さんの最後の公演でのお姿は、
朝海さんの悲壮美に溢れたそれとは違い、
「春野寿美礼が行き着いたところ」=「自然美」とでも言うのでしょうか、
悲しみや、サヨナラを思わせる空気観はまだ表に出ておらず、
春野会の爆竹拍手が上手から鳴り響くことを除けば、
通常公演と変わらぬ公演でございました。


ご贔屓がこれと言っていないので、
オペラで追う必要もなく、全体を見回す。

久々に見た2本立てのタカラヅカは、
やっぱり美しき夢の世界!!

これぞタカラヅカ!!と云わんばかりのショー作品と、
「春野さんってこういうのが似合うよね」と誰もが思うアテガキを
してもらっているお芝居。


お芝居から軽く語っちゃう。

春野さん丸出しだ。
孤独で、秘密があって、1人で生きていかねばならない男・・・。
春野さんに求めている人物像そのままといった感じ。
ファンは嬉しいだろうな~~(*´∀`*)
朝海さんが演ったら、めっためたに孤独感丸出しになっちゃって、
どうにも不幸感がやたらと出まくるお芝居になるんじゃなかろうか・・・
っというような・・・そんな感じです。

『あの日みた夢に』のコムえりと同じく、
今回はオサまとが幼馴染で14年ぶりに再会するという話。

別段、彩音ちゃんを取り合うでもなく、
真飛さんはお友達、お友達、お友達のまま終了。

えりたんは今回もワガママ青年の役。
自分が市長になるために莫大なお金が必要なため
悪に身を染めていくえり男。
自分の名声のために弟子の曲を盗んだり@『堕天使』、
欲望のためには手段を選ばなかったり@『ロマパリ』、
多数決に負けて自分の弟を見殺しにしたり@『スサノオ』、
えり男には卑怯者の役が似合う!!!

春野さんが銀橋で何度か歌います。
『タカラヅカ舞夢』のときのYOSHIKIさんの歌を聞いたときのような
震えるような感動はなかったんですが、やっぱり聴かせます。

そして今回もちょっと台詞が聞き取りにくいところが少々。
春野さんの声がこもり出したのは、いつ頃からだったろうか(さてはて)

愛音さんの女役が、音月くんの女役とは全く違って、
とっても可愛らしく、綺麗だったこと。

未涼さんのイタリア人がとっても渋くて、
えらく年上の鈴懸さんとのペアもかなりしっくりきていたこと。

華形くん、真野くんの同期コンビが輝いていたこと。

お芝居の印象はこんな感じ。


「忘れないよ!お前のダンス!!」とか言う
サヨナラを意識した台詞はないものの、
最後に春野さんが「アデュー」とか言って暗転するので、
楽が近づくにつれて、会場からはすすり泣きが聞こえるのでしょうか・・・?


いや・・・・。
泣かすような話じゃないなぁ・・・。


かと言ってショーもそれほど意識したシーンもないような・・・。
論者、見逃しているのだろうか・・・?

朝海さんのサヨナラ公演がこれでもかって程に
サヨナラ満載だったのに比べて、
春野さんのサヨナラはとっても自然。

ショーもとっても明るいんですよ!
何箇所か歌詞が「旅立ち」とか「これから」とか
そんな雰囲気なところもあった気がするのですがね。

明るく去って行く春野さんも、それはそれで彼女らしい(*´∀`*)

それでもきっとファンは号泣なんでしょうねぇ。・゚・(ノД`)・゚・。・。


10月29日に、大劇場の大階段を降りる春野さん。
春野さんが5年の歳月をかけて創りあげてきた花組。

きっと素晴らしい千秋楽になることと思います。


えりたんは、どこにいっても、えりたんでした。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

すっかり観劇した気分に、、、

浜村淳の映画紹介のようなくわしい解説。ありがとうございました。(^・^)
論者さまのおかげで、花組ファンの友達とも、さも自分がみてきたかのように話しが合わせられます。論者さまのコメント拝借ですが。。たぶん、わたしがみてもきっと同じだろうと思います。そして、すっかり、読んだだけで満足してしまいました。。。(^^;)春野さん、アヂュー!!(^_^)/~
  • kumi さん |
  • 2007/10/01 (20:25) |
  • Edit |
  • 返信

そうは言わず・・・

kumi 様。
そう仰らずに春野さんの最後の姿を焼き付けなくてよろしいのですか(笑)
花ファンのお友達には見抜かれてしまうと思いますよ!!
ショーに関しては「ルーレットのシーンが最高ね」と
言ってあげると、春野ファンは納得されるかと思われます(笑)
ご贔屓を見に行くときとの、
あまりのテンションの違いに自分でもびっくりです。
  • 論者 さん |
  • 2007/10/02 (12:23) |
  • Edit |
  • 返信

同感です!

 はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいております。私も去年の今頃は家族に悟られないように複数回大劇場へ足を運びました。観劇歴12年にして初めてほれ込んだジェンヌさんがコムちゃんです。(きっかけはTVで見たヤンさんですが。)
 私は27日に観てきましたが、寿美礼ちゃんは本当にいつものように歌って踊って芝居しててまた来年の公演も出てるんじゃない?っていうくらいサヨナラを感じさせない公演でした。確かに私のテンションが去年ほどHighじゃないからかもしれません。ただひとつだけ気になったことが。ショーで彩音ちゃんが着てるあの紫スパンのタコ足ドレスですがあの場面ですごく浮いてませんでしたか?パイナップルはまだしもあれは私には納得できません。(泣)
 えりたんはえりたんでした…。
 来週もう一度見に行くので今度は寿美礼ちゃんをしっかり目に焼き付けてきます。

テンション↑

pom様。
タブーちゃんの紫の衣装!!
きっとpom様の中で、あれは朝海さんの衣装
っという印象が強烈なのではないでしょうか^^
彩音ちゃんが着ると、普通の可愛らしい衣装に見えますね。
朝海さんが着ると妙にヤラしい感じでしたのに。
あの鍛えぬかれた筋肉の朝海さんが着ていたからでしょうか(笑)
パイナポウのお衣装は誰よりも可愛く着こなしてらっしゃいますよね!!
私も去年とは全くテンションが違ったのですが、
きっと10月も後半になると
会場からすすり泣く声が聞かれると思われます。
今度は春野さんビューで、いってらっしゃいませ^^
  • 論者 さん |
  • 2007/10/04 (15:35) |
  • Edit |
  • 返信

TRACKBACK

TrackbackURL

  

カレンダー

03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

プロフィール

HN:
論者
性別:
女性
趣味:
朝海さんを影から応援すること
自己紹介:
私の毎日は朝海さん一色!!そんな約4年間の記録です。

最新トラックバック

カウンター

ブログ内検索

Copyright ©  -- 新 勝手にコム論 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]