忍者ブログ

新 勝手にコム論

元宝塚歌劇団雪組トップスター朝海ひかるさん!舞台道を走り続ける朝海さんのちょっぴり昔の記録です^^

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『蜘蛛女のキス』~映画語り~最終章2

わたるさん&朝海さんで置き換えてらっしゃいますでしょうか?
それともカシちゃん&朝海さん派でしょうか・・・?
(何の話しや・・・)
この後も青年は大変なことになっていきます!!
では第2部開始致します。(大げさやな・・・)




「花形女優と新聞記者の恋」~第2部~

次の日、青年が新聞社へ出勤すると、
みんなは彼女の記事の資料を探し回っていた。
見つかるはずがない。
青年は彼女に関する資料の全てを自分のデスクに隠し、
鍵をかけてしまったのだから。

結局、資料は見つかるはずもなく、
今回の記事は御破算になることが決定した。
青年はためらいながらも、彼女に電話をかけた。

安心してくれ。記事はもう出ないからと。

そこで青年は彼女の家で言ったことを謝り、
もう1度会って欲しいと伝え、時間と場所を指定した。

彼女は感謝の言葉を述べると再会の約束をするのであった。

青年のことが気にかかっていた女は
例のアパートで身支度を整えていた。
そこに大実業家が彼女を訪ねにやってきたのだ。
彼女は行こうか行くまいか悩んだ。
青年と会うのは危険ではないだろうかと・・・

大実業家は何かを察したように、
ショッピングならば私も着いていこうと言った。
しかし彼女は時間がかかるといけないからと、
その場をやり過ごそうとした。

実業家は納得したような素振りを見せ、こう付け加えた。
自分をだましていることが分かった時には、
君に仕返しはしないけれど、
君に敢えて近づいた男に仕返ししてやる・・・と。

実業家が帰ったあとも、
彼女の耳には先ほどの言葉が響いていた。

その頃、青年は豪華なバーで彼女を待っていた。
1時間が経ち、2時間が経ち・・・
彼女はもう来ないと思った。
すっかり酔いの回った彼は、確かな足取りで店を出ると
そのまま新聞社に向かい、仕事に没頭するのであった。

次の日、会社の上司に一杯付き合っていた彼は
憂鬱な気分で店を出、気が付くと彼女のアパートの前に立っていた。
青年は我慢しきれず、ベルをならし、出てきたメイドに
女主人に話があると申し出た。

ところがその時、
彼女は実業家とお茶を飲んでいた。
実業家も前日のことを気にかけ、
彼女に宝石をプレゼントしにやって来たのだった。

メイドの制止を振り切り、中に入ってきた青年。
彼女はその場を取繕おうとして、記事の経緯を実業家に話すのだった。
彼女が一生懸命に、実業家の腕を取り話す姿を見て、
青年は嫉妬のあまり、カッとなり捨て台詞を吐くのであった。
何もかも胸糞が悪い。
自分のことは永久に忘れてくれ。
それがただ1つの願いだと。

青年はテーブルの上に紙切れを1枚残すと
その場を去ってしまうのだった。

目に大粒の涙を浮かべる彼女を、実業家はじっと見つめた。
そして、あの汚らわしい新聞記者をどう思っているのか問いただした。
彼女は喉が詰まり、なかなか答えられずにいた。
実業家の顔がどんどんと赤くなり、
怯えた彼女は唾をごくんと飲み込むと小さな声で答えた。
あの新聞記者のことなど何とも思ってはいない。
ただ記事のことで関係が出来ただけだと。

実業家はどこの新聞社の何という名前の男かを聞き出そうとした。
しかし彼女は仕返しを恐れ、決して言い出さないのだった。
実業家は思い切り彼女のほっぺたを叩くと、アパートをあとにした。

彼女はアーミンの敷物の上に倒れたまま動かなかった。
きらきらと光る涙が頬をつたっていた。
暫くして起き上がると、彼女は青年の残していった紙を手に取る。


たとえ君が囚われの身でも
淋しさの中で君の心はぼくに言う
あなたが好き
運命の黒き花は
無情にもぼくたちを引き裂く
けれどいつか訪れるだろう
君がぼくだけのものになる日が


彼女はその紙を強く握り締めると強く胸に押し当てるのであった。



失意の青年はもう新聞社へは戻らなかった。
そして酒場を巡り歩く日々が続いた。
新聞社との連絡を一切とっていなかった彼は
ある日、街で偶然に自分の新聞社の広告を見かけた。
そこには明日発売の新聞に、引退した大スターの秘密が掲載されるとあった。
青年は怒りに身を震わせ、夜中に新聞社へ入り込み、
自分のデスクがこじ開けられているのを発見する。
そこで青年は印刷所へと飛んでいった。
破れかぶれになった彼は、ハンマーで機械を叩き壊し、
彼女の記事の載った夕刊を1枚残らずダメにしてしまうのだった。

青年は街から姿を消し、酔っては彷徨い、酔っては彷徨う日々を送っていた。
居酒屋で焼酎のグラスの底に現れた彼女の姿を見つめては
彼はかすれた声で歌を口ずさみ、彼女を想い、涙するのだった・・・




.....to be continued.





えらく・・・物悲しいですなぁぁ・・・・
小説を読んでは書き、読んでは書きしている内に
どんどんと暗くなってきた・・・(重)


わたるさぁぁぁぁぁぁんッ
コムちゃんの気持ちも分かってやってぇぇぇぇぇッッ(違)


たぶん4部になっちゃう気が(長)

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

もうダメ…

ダメです論者様!ワタクシ完全に壊れました(爆)
大好物のわたコムに、横槍を入れる嫉妬深いチカさん…
完全にわたコムに変換された私の脳内では
妄想が垂れ流し状態に陥っておりますです…

涙ぐむコムさん…切ないお手紙を残すわたさん…んでもって
コムさんの頬を叩くチカさん!!
ダメだ…たまらんっ!!
でも、コムさんのほっぺたは叩いちゃイヤよぉ~!!

今日『レビュー’98』のCAN-CANわたコムを見て
『わたコムばんざい!!』とひとりニヤケていたせいもありとにかくダメです(爆)
でも、論者様、大好きです❤
ちなみに私、かしコムも大好物でございます❤❤

『Primary Colors』の論者様レポ、とても楽しみにしています!
私の地域は来月からスカステ放送開始なので(涙)
明日はパソの前で正座をしてからお邪魔します♪

いつも長々とすみません!!
  • toko さん |
  • 2007/04/18 (01:10) |
  • Edit |
  • 返信

TRACKBACK

TrackbackURL

  

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
論者
性別:
女性
趣味:
朝海さんを影から応援すること
自己紹介:
私の毎日は朝海さん一色!!そんな約4年間の記録です。

最新トラックバック

カウンター

ブログ内検索

Copyright ©  -- 新 勝手にコム論 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]